ライセンス講座2021は「夏の陣」へ

6/9は、神戸会場にて会場参加限定の講師認定講座(ライセンス講座)が開催されました。緊急事態宣言が解除されない中、お集まりいただきましてありがとうございました。

会場には、一部屋に一つ検温装置が用意されていました。

梅雨の合間の晴れどころか、真夏日を思わせるようなな天候。RTAも2021年「熱い夏」を迎えることでしょう。

現在RTAでは、全国各地で会員さんによる交流会が企画・開催されています。昨年来のコロナ禍において定着しつつあるオンラインによるサロン・セミナー。確かにオンラインは、場所を問わず会員さんの交流ができるという点で便利なツールですが「いい加減オンラインは飽きた…」と再会を待ち望む声も多く聞かれます。

ここ関西圏でもオフラインでの交流会が企画されています。また、9/9,10には「大人女性の働き方を魅せるご褒美旅行〜ほないこか〜」と題した京都ご褒美旅行が企画されています。
>>>詳細・参加お申し込みはこちらの記事を参照ください

会場でのライセンス講座においても、対面で「お話」ができる喜びを分かち合っている雰囲気をひしひしと感じることができます。(マスク着用は必須です!ちなみに以下の写真は撮影のために一瞬だけマスクを外してもらっています。)

さて、ライセンス講座のラストパートは現役RTA理事によるフォーラムです。本日の担当は、愛知県で活躍中の瀬川紀子理事(上段)と地元兵庫で活躍中の橋本郁恵理事。(下段)

本日は色々なエッセンスがありましたが集約すると次の項目について意見交換がなされました。

  • 安売りはするな!
  • お客様は自分で選ぼう!
  • 仕事は「やらないこと」を決めることも重要

駆け出しの新人の方は以下の「罠」に陥りやすいのです。

  • たくさんのお客様に教室に来ていただきたいがため「安売り」してしまう。
  • 安売りをする結果、お客さんを選べなくなる
  • 「選べないお客さん」の意見を聞き入れて、色々なサービスを取り入れてしまったり、安易なコラボをしようとする。

教室単価を安くすれば、確かにお客様の人数は増えることでしょう。しかし、その結果、教室サービスの「質」は低下します。売り上げ目標が決まっている場合、単価を下げることで自転車操業になります。さらにお客様の間口を広げようとして、色々なことに手を出して「サービスの軸」が見失われます。

「屏風と商売は広げすぎると倒れる」と言わるように。余計なことに浮気はせず、ベビーマッサージの教室を始めたのであれば、まずは徹底的に「この地域No. 1の教室を目指す!」というところから始めてみましょう。

集客に最初は時間が少しかかるかもしれませんが、優良なお客様の口コミなどによる集客の方が長いスパンで考えたら、教室・スクールの発展に必ず優位に働きます。

そして最終的には、自分自身のブランドを確立して大きく羽ばたいていきましょう!

夏本番ももうすぐです。この夏完全燃焼して「実りの秋」を迎えようじゃありませんか!

関連記事一覧