RTA各種ガイドライン

講師認定検定(ライセンス講座)再出席制度に関するガイドライン

  • HOME
  • 講師認定検定(ライセンス講座)再出席制度に関するガイドライン

講師認定検定(ライセンス講座)再出席制度に関して

一度ライセンス講座のお申し込み、お振り込みを完了した方で、正規のRTA認定講師ライセンスが発行されなかった方を対象に、ライセンス講座の再出席制度を設けております。

ライセンス講座再出席対象者

以下の方が対象になります。(会場参加・オンライン参加共通)

  • ライセンス講座に出席予定だったが、何らかの理由で参加することができなかった方。
    ※ただし、事前にご連絡いただいた場合に限ります。連絡なき無断欠席は、当初の申し込み自体も無効とし、再度ライセンス講座に参加する場合は、ご新規でお申し込みいただきます。
  • 遅刻・途中退席などによりライセンス講座修了とみなされなかった方。
  • ライセンス講座に出席したが、何らかの理由により正規の認定講師ライセンスが発行されなかった方。
  • その他、事務局より「再出席してください」と指示を受けた方。

特別な理由(自然災害、大規模交通障害等)による不参加、遅刻などの場合は例外とし、別途、事務局からの指示に従ってください。

参加条件

  • 原則、参加予定だったライセンス講座終了後に、その時点で発表されている次回以降のライセンス講座に再参加すること。(会場・オンラインとも)

仮ライセンスの延長に関して

仮ライセンスの有効期限は再出席のライセンス講座の日まで延長されます。

料金

  • 16,500円(再出席・仮ライセンス延長料金含む)

お申し込み方法

事務局からの指示を受けた後、RTALINE公式アカウントより再申し込みしてください。

※出席を予定していたライセンス講座終了後に改めて事務局より連絡があります。

RTA各種ガイドラインのトップページへ戻る