大室恵里先生、RTA歴12年目の「現在地」とは

2/16は、ロイヤルセラピスト協会(RTA)・ママフォトグラファーアカデミー(MPA)共同企画のオンラインサロンが開催されました。本日のゲストは、千葉県を中心に活動されている大室恵里先生。

題して、「マダム大室の華麗なライフスタイル」

RTAの活動は2009年にスタート。以後、着実に活動を続け、RTA・MPA両団体に属し、文字通り「悠々自適」なライフスタイルを実現されています。

世の中のどの仕事にも共通することだと思いますが、RTA/MPAでの活動でも、その活動経年によって、「考えるべきこと」・「すべきこと」などが変わってきます。

初期段階(新人としての駆け出し時期)、中堅(ある程度活動に慣れてきた時期)、円熟期(過去に培ってきた経験・技量で仕事が回る時期)によって、「考え方」と「行動」も変わってくることでしょう。

もちろん、それぞれの時期のベースがあって次の段階に進めるのですが、本日のサロンでは、12年間の活動で手に入れたもの、何を考え行動していたのか…など赤裸々に語っていただきました。この12年間で大室先生が手に入れたものとは…

  • 仕事友・セレブ友との優雅な時間!
  • 「顔面課金!?」のための資金力!
  • 将来の投資に回す財力

もちろん得たものはそれだけではないと思います。

今では新人の時期のようにガムシャラに情報発信・活動せずとも、(年齢とともに?)ある程度仕事をセーブしつつも、仕事は円滑に回るという。

「なぜ、そこまで人を惹きつけるのか?」

本日のサロンで聞いて納得!そこに至るための根底には、やはり「コミュニケーション能力」の高さがあったのでした。

この記事をご覧になっている新人さん、中堅さんも、あなただけのストーリーをご自身で創っていきましょう!

オンラインにてご参加の皆様ありがとうございました!
次回の企画にもご期待ください!

2017年末当時の『ロイヤルセラピスト通信』大室先生特集記事です。以下をタップしてご閲覧ください。↓↓↓↓↓

関連記事一覧