『手に取りたくなるカバーガールへ』

書店に立ち並ぶ、数多くの雑誌
パッと目に止まるのは、いつも買うお気に入りのタイトルだったり、今自分が気になる特集であったり、好きなモデルやタレントが表紙を飾っているものもあります!

でも待って!
いつも気にもしていないあの表紙の女性、すなわちカバーガールが、ひときわ可愛かったり美しかったりして、この本を買う機会を逃すと後悔すらすると思う、このなんとも言えない心動く瞬間。こうやって、新たなタイトルとの出会いもまた、楽しい瞬間だったりするのです。

では、私たちに置き換えたらどうでしょうか。
RTAという大きな大きな書店
ここには、約4000ものタイトルがズラーっと並んでいる。(4000タイトル=協会員の数ですね)
そこで手に取ってもらうために、出版社(私たちは自費出版する感覚でしょうか)は工夫が必要になってきます!

そこに、選ばれるための型にはめたセオリーなど実は存在しなく、むしろ必要すらない。必要なのは、『自分らしい』の本を作ること、それが一番!

自分らしさ、自分らしいお仕事スタイルを見つけた小屋先生!お仕事がうまくいくほどに、ご家族の仲も深まるばかり!これもまた、自分らしさから得られたもの!そのスタイルを求めてる方と、また出会いが広がるのです♡

他の本と共存していく中で、差別化をはかり、自分らしい本を作り上げる。
まさにそれは、私たちのスクール活動と同じと言えますね!
その中で、カバーガールでもある私たちは、手に取って選んでいただくために、見た目も!中身も!売り出し方も!『自分らしさ』を大切にしていきたいですね♡

自分らしさで包まれた、素敵なカバーガールの本には、必ずその本を求めている購買者=お客様に出会えるはずですよ♡!

ロイヤルセラピスト協会
理事会 添田翔子

関連記事一覧