2022年のライセンス講座はいつどこで?!

本日10/29は兵庫県神戸市内にて講師認定検定(ライセンス講座)が開催されました。2021年度、関西地区最後のライセンス講座となりました。

本日も多くの方がRTA認定講師として正式にデビューされ、スタート地点に立ちました。おめでとうございます。

本日も絶好調の最終パート担当の理事メンバーです!

ところで、現在RTAでは、実技試験は動画を試験官に提出し合否が判定されますが、2018年より以前は、各地の会場にて実技試験が実施されていました。

では、実技試験はいつ、どの地区で開催されていたのでしょうか?

それは単純に卒業生が多く輩出されている(年間計画で輩出されるであろう…)地区にて開催を決定していました。

ある年は、年初に「試験誘致」のために全国の講師が一堂に集まり、年間実技試験計画をRTA会員自身で作ったこともありました。誘致をすることで「実技試験までにスクール実績を上げよう!」と講師自身がモチベーションを上げたいという目的もあったのです。

かつては実技試験とライセンス講座がセット(同日)に開催されていましたので、実技試験の日程が決まる=ライセンス講座開催の地区と日程が決まっていたのです。

では、今のライセンス講座の開催日程はどのように決めるのでしょうか?原則、理事会、JCATにて最終決定しますが…

基本的な考え方は変わっていません。

交通の便なども考慮されますが、基本は講師としてデビューしたい方が多いところ、卒業生が多く輩出されるであろう地区にて開催されます。過去には、札幌、仙台、福島、新潟、群馬、栃木、愛知、大阪、広島、鹿児島で開催されていたこともありました。

今まで当たり前に開催されていた地区でも、実績に応じて開催されなくなることもありますし、その逆もあります。今後もその方針は変わらないでしょう。

そして、そして、2022年度、上半期のライセンス講座の日程が決定いたしました。詳細はこちらを参照ください。(この記事を持って初公開となります)

そして、本日、「ライセンス講座を地元で開催したい!」との思いで愛知県から講師陣が兵庫に結集しました。

前半の日程は決まってしまいましたが、後半の日程は空白となっています。そうです!後半の日程を決めるのは皆さん自身です!!今まで行っていたところで実施しないかもしれませんし、復活の地区もあるかもしれませんし、意外なところで開催することもあるかもしれません。

後半の日程が楽しみとなってきました。

関連記事一覧