ベビー人形の仕様変更に関して

10月の半ば頃から、教材のベビー人形の使用がver.2に変更になりました。

主な仕様変更は以下のとおりです。

  • 内部スポンジの硬さを調整してより赤ちゃんに近い 仕様にしました。
  • 過去の意見で足の指が短いとの指摘を受け今回は長めに調整しました。
  • 足の付け根を調整して、鼠径部の動きを滑らかにしました。
  • 接合部強化のため一部縫製箇所の増強しました。

また、仕様変更に伴い「不良品ではないのか」というご指摘もいただいておりましたので急遽、配送センターにて検品をおこなってまいりましたが、精査の結果不良品ではございませんでしたのでご安心ください。

このベビーマッサージの手技を学習するために製造されているベビー人形は、赤ちゃん、新生児の骨格、筋肉、手の指、足の指、首や耳の形状を100%再現できるものではございません。ベビー人形ver.1の使用に長い期間慣れていた方にとっては、少々「違和感」を感じるかもしれませんが、教材としては問題なく使用できると判断いたしました。

また、現在まで同様、明らかに以下のような不良品があった場合は、写真を添付の上事務局までお問合せいただきますようお願い申し上げます。Ver.3制作に向けて、皆様からのご要望をお待ちしております。

  • 左右が極端に非対称。(左右の足の大きさ、指の長さなどが明らかに異なる)
  • 縫い目のほつれ。接合部が開いてしまい、中の綿が出てしまう場合など。(ほつれ部分を切りとってしまえば問題なく使用できるものは除く)
  • 指の数が足らない。
  • 中の綿が明らかにスカスカ。
  • 汚れ。

また、ベビー人形ver.2への変更に伴い、実技試験の合否に影響があるか否か心配されている方もいらっしゃるかもしれませんが、人形変更に伴い、実技試験の内容に大きく影響することはございません。これに関しては、ブラッシュアップセミナー時に試験官の指導に従っていただきますようお願い申し上げます。

配送センターで出荷に忙しいスタッフ

関連記事一覧