ケーススタディの特別措置等に関して

ケーススタディーのオンライ化について

日本セラピスト検定機構試験官より、ケーススタディに関するお知らせです。

一般のママたちが皆様のスクールにてチャンスを逃さないためにも、ぜひご確認ください。

  • ベビーマッサージベーシック
  • おくるみタッチケア単体講座

以上の2科目につきましては、特別ルール措置にて対応させて頂きます。主な変更点は以下です。

  • 開催間隔、期限について
  • ケーススタディ開催をオンラインも可とする

特別ルールは、年内を予定していますが、状況に合わせて対策・対応して参ります。

担当講師の皆様受講生様が安心して試験へ臨めますよう、ご伝達の程よろしくお願い致します。

>>>詳細は、最新の帳票類をご確認ください。

ケーススタディーの実施の間隔について

ケーススタディ実施の間隔に関する変更点は以下の2点です。

①開催の間隔は中2日以上あけ、1ヶ月以内に行うこと。
→開催の間隔は中2日以上あけ、1ヶ月以上空いても構わない。

②全てのケーススタディについて、1回目が試験日より6ヶ月以上前のケーススタディーは無効とする。
→6ヶ月以上前のケーススタディもOK

また、ケーススタディや動画試験においても、マスク着用可能です。

※動画試験の際は、受講生ご本人、ケーススタディの際は、受講生ご本人とお客様のお顔が確認できるような角度での撮影を心がけてください。

大切な受講生さまが安心して受験頂けますよう何卒ご理解・ご協力、賜りますようお願い申し上げます。

関連記事一覧