RTA認定講師活動ガイドライン

受講生との契約について

受講事前に受講予定者との確認事項

受講の動機は人それぞれです。数ある団体の中から「なぜRTAに興味があるのか」「なぜRTAを選んだのか」という要因があるはずです。「なぜRTA選んだのか」と知る事は、その後受講生と関係を築く上でも重要になります。

受講の詳細を説明する機会を設ける場合、RTA認定講師になることで、どのような活動ができるのか?どのようなことに不向きなのか?という事は事前に知っていただいた方が良いでしょう。

RTAは個人事業主の集まりです。例えば、受講動機に「就職したい」などのご希望がある場合など、RTAでは原則、就職の斡旋はしていませんので、ご希望に添える事はないでしょう。

重要事項の説明

受講予定の方には、受講の事前に概要書面を用いて重要事項の説明を対面で行ってください。特に、受講生が止むを得ず途中退学になる場合の返金のルールを事前に理解してもらい、受講契約をしてください。

概要書面は、2通作成し、担当講師、受講生双方で保管してください。概要書面の日付は原則、重要事項の説明を行い、書面を取り交わした日を記載しましょう。

概要書面・指定スクール総合申込書

 >>>概要書面・指定スクール総合申込書のダウンロードはこちら

正式な契約

概要書面は、受講事前の重要説明を行うために用います。RTAでは、その後の正式な契約書面は用意しておりませんが、「RTA指定スクール総合受講申込書」を必ず受講生から受領し、受講料金を受領したら、領収証を発行しましょう。

領収証には、印紙税法に基づき200円の収入印紙を貼る必要があります。RTA指定スクール個人として契約書面を用意しなくても、「RTA指定スクール総合受講申込書」と現金を受領し、領収証を発行する事で正式な契約が取り交わされたという証の代わりとなりえます。日付については、原則「取り交わした日」を記載しましょう。

受講生が決まったら

受講生が決まったら、「RTA受講生登録」を行う必要があります。

>>>「RTA受講生登録」は、担当の講師が責任を持って、こちらの専用メールフォームより行ってください。

「RTA受講生登録」を行うと、受講生の8桁IDが発行されます。8桁I Dは、受講生が動画試験受験時に提出するRTA各種規約に記載する重要な情報となります。また、受講生が協会加入後も引き続き使用され、各種申し込みの際に必要な情報となります。

>>>なお、8桁I Dはこちら専用ページより、受講生の登録氏名、生年月日で検索することができます。

※注意
「﨑」「髙」「嶋」などの「異体字」の場合はうまく検索できない場合があります。その場合は「正字」にて再検索を試みてください。

担当講師として

担当講師は、受講生を合格に導く役割を担います。受講生から受講料金を受領するということは、受講生を合格させる義務を負うことになります。受講生が希望する合格の時期、合格後どのような活動をしたいのかを汲み取り、合格後スムーズに活動できるように導いてください。

受講生を合格に導くためには…

  • 受講生と密なコミュニケーションを取りましょう。
  • 目標とする認定試験日(動画試験エントリー日)をあらかじめ決めましょう。
  • 認定試験から逆算して、無理のない受講スケジュールを組みましょう。
  • 短期集中で合格を希望する場合は、希望の添えるようなスケジュールを組みましょう。
受講の進め方

RTAの認定講座は、原則、対面マンツーマンで行われますので、受講生の都合に合わせたレッスンスケジュールを組みやすいです。しかし、受講スケジュールをあまり長引かせることは控えてください。受講生の都合に合わせることも大切ですが、最短で受講生を合格に導くことも担当講師の重要な役割です。受講スケジュールをダラダラと長引かせてしまうと、レッスンの理解度が思わしくなく、試験の結果も芳しくない傾向がありますので十分ご注意ください。

RTAの認定講座は、本来、講師と生徒とのコミュニケーションを密にし、実技の指導を中心に進められるものです。したがって、原則、マンツーマン、少人数での対面授業で進めてください。

近年、無料ビデオ通話のツールも充実しており、連絡手段として使用する機会も多くなっていますが、RTAのレッスンにおいては、あくまで「補助的」に使用するものです。例えば、講師が緊急に伝達すべきことが生じ、対面で会う時間的余裕がない場合など、あくまで補完ツールとして使用してください。

また、RTAの各講座には、カリキュラムの時間割を詳細に示した「受講スケジュール表」があり、相互に進捗を確認できるよう講師の捺印欄も設けています。

講師が、無料ビデオツールや電話のみで受講生と通話した場合、それは、「通話」したに過ぎず、授業を行ったことにはなりません。したがって、カリキュラムが進捗したことにもなりません。

実際、無料ビデオ通話ツールを使用する事を前提に、無料ビデオ通話ツールのみを用いて、遠方の方のレッスン行う事例が発生しております。しかし、受講生からは、「講師の授業内容に到底満足できるものではない…」との苦情が多数寄せられており、講師、受講生間のトラブルに発展するケースも生じています。実際、訴訟にまで発展したケースもありますので、無料ビデオツールの安易な使用は、受講契約の不履行になりかねませんので十二分にご注意ください。

そもそも、RTAの認定講座は通信講座ではありません。RTA認定講座を、通信講座、サテライト講座にしてこなかった理由は、講師と生徒間のコミュニケーションを重要視してきたからに他なりません。